過去ブログ

2009年5月22日 金曜日

外壁補修方法の一例

古くなったコンクリート造の建物の外壁が劣化すると内部の鉄筋が錆びて爆裂と言う状態に成ります。



今回塗装した外壁の爆裂部を補修した際、時系列に写真を撮ったのでご紹介します。


先ず工事する前の状態です。ひび割れが確認できて、何となく浮いている様な感じに見えます。


ハンマーで軽くたたくと簡単にモルタルが剥れてしまいました。錆だらけだった鉄筋をケレンして防錆処理します。


樹脂モルタルで不陸調整します。


スタッコを吹付けて周りの模様に合わせます。


塗装をしてしまうとほとんど判らなくなりました。

このように劣化した部分はキチンと直さないと、せっかく塗装してもすぐに剥れて来たり、クレームの元ですからね。




このエントリーをはてなブックマークに追加
このエントリをlivedoorクリップに登録
このエントリをBuzzurlにブックマーク
Deliciousにブックマーク

投稿者 東京都足立区の野口塗装工業