過去ブログ

2010年8月26日 木曜日

光触媒

久しぶりに、まとまった光触媒のコーティング工事をしたので、その様子をレポートします。



足立区、葛飾区、荒川区、等で塗装・防水工事・リフォームをご希望の方は
是非"野口塗装"までご連絡下さい!!





建物はRC造地上4階地下2階の新築工事です。

外壁はコンクリート打放し仕上げ、つまり、コンクリートを流して型枠をはがした状態のままです。

コンクリートの欠けやジャンカ跡を補修を施してある状態から施工です。



こんな具合に補修して有ります。

今回使用したのは株式会社プラザ・オブ・レガシーの光触媒コーティング剤です。





最初に塗るのは フェイスガード防水剤 XP100 これを2回塗ります。

コンクリートに浸透させ外部からの雨水の浸入を防ぐ働きをします。



浸透させる為にたっぷり塗ります。



塗ってる時はコンクリートが塗れ色に変わるので塗ったところが判るけど、塗り忘れに

充分気を付けて塗ります。



フェイスガード防水剤XP100を2回塗布した後は、こちらのフェイスガードアウト200S

下塗り剤 を塗布容器の中では乳白色ですが塗るとほとんど透明の為、塗装風景は省略



これが光触媒の上塗り、フェイスガードアウト200Sです。



念のため、塗装の様子です。吸い込みがなくなるので切りの良い部分まで一気に塗って

しまわないと、本当に判らなくなってしまう。

下塗りの防水剤では撥水効果があり、光触媒まで掛けると親水性になりセルフクリーニング

効果がでるんです。


こちらはガラス面の光触媒コーティング



ガラス面はとにかくクリーニングが大変な作業になります。



ガラスの油膜汚れも完全に取り除きます。



水で洗い流しながら・・・



綺麗に水を切ったら、光触媒をスプレーコーティングします。平均に塗付しないと干渉縞

が出てしまうので気を使います。  だけど足場が邪魔だな(;^ω^)

外壁面もガラス面も光触媒の完了写真は、殆ど写真だと区別がつかないので
省略します。

(実はまだ現場が完了していないので完了が撮れません。可能であれば、後日、写真UPします)


《PR》 光触媒には防汚効果の他に、消臭効果やシックハウスを抑える効果などもあります。 

このエントリーをはてなブックマークに追加
このエントリをlivedoorクリップに登録
このエントリをBuzzurlにブックマーク
Deliciousにブックマーク

投稿者 東京都足立区の野口塗装工業