過去ブログ

2010年8月30日 月曜日

野口塗装のモットーは、これからも 正 直 です。

今年は特に残暑厳しく、まだまだ、暑い日が続きそうですが、皆様体調など大丈夫ででしょうか。

さて、最近、感じたことからお話します。



足立区、葛飾区、荒川区、等で塗装・防水工事・リフォームをご希望の方は是非
"野口塗装"まで!!




今年は特に残暑厳しく、まだまだ、暑い日が続きそうですが、皆様体調など大丈夫ででしょうか。

さて、最近、感じたことからお話します。

地下鉄車輌の広告がすごく少なくなってる事に気がつきました。なんかスカスカで、企業が広告費をカットしてるのかも知れません。
そういえば、先日、広告代理店から電話があり、「テレビ朝日の徹子の部屋の枠にコマーシャルを出してみませんか?」
と言い、弊社にまで営業の電話がありました。もちろん、お断りしたのは言うまでもありません。
またある日は、ネクタイを締めたサラリーマンふうの3人組が公園のベンチで酒盛りしているところを見かけました。
コンビニの袋に缶ビールとツマミが.....。花見の季節でもないのに...。なんか切なくなってしまいます。
街では300円、200円の弁当が売られ、過当な価格競争の企業努力にはまさに脱帽です。

ここからが本題です。弊社で内部の塗装を請け負った店舗の屋根の塗装を数社で見積した時のことです。
残念ながら、屋根の塗装は取れませんでした。しかも、弊社の半額でやる業者に驚きが隠せませんでした。
でもその後がいけません。その後も内部の塗装工事で現場に出入りしていたので見てしまったんです。屋根の塗装をさび止めもせずにイキナリ上塗りし始めてるところを...。
下地処理、さび止め、中塗り、上塗り、とある工程を最後の工程だけでごまかしていたのです。大変残念なことです。

私たちの仕事は、塗料と言う半完成品をキチンと工程を踏んで塗装することで完成させます。途中の工程を省いたり誤魔化してしまったら、塗料本来の性能を有する完成品ではありません。しかしながら、上塗りを掛けてしまったらキチンと工程を踏んで塗られたものかどうかを測ることはとても困難です。5年後、10年後に判ったのでは遅いのです。
だから、過当価格競争の元で、安易に手を抜いてしまうことは絶対にあってはなりません。誤魔化すことが比較的簡単な業界だからこそ、私は「正直」をモットーにこれからも営業努力して行きます。
「野口塗装のモットーはこれからも 正 直 です。」


《PR》 屋根や外壁に断熱塗料ガイナを塗ってエコ生活。 つづきは >>>

このエントリーをはてなブックマークに追加
このエントリをlivedoorクリップに登録
このエントリをBuzzurlにブックマーク
Deliciousにブックマーク

投稿者 東京都足立区の野口塗装工業