施工事例BLOG

2013年11月 4日 月曜日

O様邸外壁塗装工事。


施工地域 足立区
使用塗料 外壁:ホールダーGⅡ、アレスアクアシリコンACⅡ(関西ペイント(株))
スタッフから一言 デザインALCで凹凸が多く、塗装の掠れ、塗り忘れなどが出やすく又、塗料が飛散しやすいので、丁寧に塗装することを心掛けました。

詳しい内容は.....




今回はシーリングの工程写真、基礎部分の塗装を撮りましたので掲載します。


玄関周りのシーリングです。既存の状態です。


カッターなどを使って古いシーリング材を取り除きます。


既存シーリング材を除去した後、プライマーを塗布します。


新たにシーリング材を充填します。


コーキングヘラで押さえ、整形しシーリング完了


今回基礎周りの汚染が目立つため、洗浄の後にランデックスコートを塗装しました。

苔による汚染が激しい


WSプライマー200
下塗り、東明で撥水剤のような塗料です。


ランデックスコート WS疎水材(半透明) ホワイトNo30 1回目



ランデックスコート WS疎水材(半透明) ホワイトNo30 2回目

完成です。
コンクリートの質感を残した仕上げです。

細かいことですが、
「かゆいところに手が届く」リフォームを心がけています。


その他のヘーベルハウスの塗替え事例は  >>>こちら

【御見積・ご相談はメールでもお受けしております>>】
このエントリーをはてなブックマークに追加
このエントリをlivedoorクリップに登録
このエントリをBuzzurlにブックマーク
Deliciousにブックマーク

投稿者 東京都足立区の野口塗装工業