施工事例BLOG

2015年6月18日 木曜日

足立区 M様邸 外壁・屋根塗装工事



施行地域 足立区
費用(目安) 1,177,200円(税込)
施行内容 屋根:パラサーモシリコン95㎡、外壁:アクアシリコンAcⅡ185㎡、面格子改修、他
スタッフから一言 3年前にお世話に成った、お隣のK様にご紹介いただいたお客様です。2回目の塗替えだそうですが、前回の塗替えでは、業者に不信を抱いておられます。正直、養生せずに塗ったようで、素人が塗ったような仕上りに気の毒になってしまいました。プロの仕上りで喜んでいただこうと頑張りました。
いろいろと、お気遣いいただき有難うございました。
お客様の声 「10年前の改修は業者に騙されたけど、野口塗装さんにたのんで本当によかった。色も前々からグリーン色にしたいと思っていたけどイメージ通りの仕上りにすごく満足しています。」と言っていただきました。


詳しい内容は・・・・・

そもそも、塗替えを決断したのは、半年前に2軒隣のリフォームに来た業者に「屋根の上からお宅の屋根を見たら、棟板金が剝れているのが見えた。このまま放っておいたら、屋根が飛んで行ってしまう。」
「早く直さないと大変なことに成る。」などと脅され、リフォームの契約を急がされたのがきっかけで、3年前にお隣を塗替えしたのが縁でご紹介いただき、相見積に参加させていただきました。

その肝心の屋根の状況は.....、っと!

あれれれ、釘の浮き上がりは1か所だけ、しかも、その業者が手掛けたお宅からは見えないはずの反対側です。
こんな状態で大変なことなんておきませんよ。
まったく、いい加減な業者ですね。




ともあれ、今回も順を追って写真でご紹介します。
まずは、いつものように、塗装前の高圧洗浄から。

屋根洗浄中。
両隣のお宅と近いため、飛散防止のメッシュシートに追加でブルーシートを念のため増し張り。




外壁洗浄中。



続いて、屋根の塗装

棟板金等、金属部分をプライマー塗装し、釘の浮き上がり防止の為、シーリング処理したところです。





スレート部分にシーラーを塗装したところ。





パラサーモシリコン1回目塗装、色はスレートブラックです。




ここで、縁切り&タスペーサー挿入。




パラサーモシリコン スレートブラックの2回目を塗装完了。



続いて、外壁塗装。

軒天と破風板との取り合い部の隙間にノンブリードウレタンシールを充填。




外壁、木部もホールダーGⅡで下塗りします。




上塗り1回目の塗装状況、まずは入隅、取り合い部を刷毛にて塗布。
塗料はアクアシリコンAcⅡ、色はお施主様こだわりのF35-60D。





上塗り2回目塗装状況。





上塗り2回目完了。



その他の塗装は

鉄部にはエポキシ系の錆止めを下塗り。




破風等の木部へはホールダーG Ⅱを下塗り。


上塗り完了。


上塗り施工中。
破風板は木材の乾燥・含湿、膨張・伸縮で結構傷みやすく、オイルペイント等ではあまりもたない為、弊社では外壁と同じ仕様で塗装しています。


最後にチェック

バルコニーの下の狭くて塗りにくいところもちゃんと塗られてますね。 ヨシ!



屋根も綺麗に仕上がっております。



木製の窓格子だったところもアルミに取替え完了。




足場を外して完成。
綺麗な仕上りにお施主様も大変喜んでいただきました。


裏側からの全景。
正面と裏面、両方とも私道に面しており、足場の架け払いが楽でした。





【御見積・ご相談はメールでもお受けしております>>】
このエントリーをはてなブックマークに追加
このエントリをlivedoorクリップに登録
このエントリをBuzzurlにブックマーク
Deliciousにブックマーク

投稿者 東京都足立区の野口塗装工業