JOINT目地

事例1

施工前

施工前

施工後

施工の流れ

  1. 水洗いをし汚れを落とします。
  2. エポキシプライマーを使用し、下塗りをします。
  3. フッ素樹脂系塗料またはシリコン系塗料を使用し、上塗りします(2回)

水洗いをします

古い目地材を撤去します

バックアップ材をはめます

シーリング乾燥の後、プライマーを使用し下塗りします

目地にシーリングします

完成

ROOFTOP URETHANE WATERPROOF屋上ウレタン防水

ウレタン塗膜防水工事とは

ウレタン塗膜防水工事は、ベランダや屋上等での使用に適しています。
ウレタン特有の伸びと強さで、下地形状が複雑でも継ぎ目のない均一な防水層を形成するのが特徴です。
補修も容易です。
ウレタン塗膜防水材、プライマー、補強クロス、絶縁マット等の材料を使い、
密着工法、脱気工法、絶縁工法などで施工します。

ウレタン塗膜防水工事 絶縁脱気工法とは

  • 従来の防水工事でよくある、「割れ」や「剥がれ」は図のような仕組みで起こります。
  • 下地のひび割れなどの挙動が防水層に伝わらないようになり、防水層にひび割れができるのを防ぐことができます。
    下地の湿気や熱で膨張した空気を排出するので、防水層の膨れを防ぐことができます。

ウレタン塗膜防水工事中の様子

  • 絶縁シート貼り

  • 脱気筒を設置

  • 仕上がり