ヘーベルハウスの外壁塗装

詳細情報

施工地域 東京都大田区
スタッフから一言 ヘーベルハウスの塗替えの特徴はアルミサッシュの飾り枠とシャッターレールの脱着を行うことです。旭化成の塗替え工事に負けないように頑張りました。(笑い)
お客様の声 満足!ヘーベルハウスに住んでいる友達、知り合いに紹介します。とのお言葉をいただきました。
使用塗料 外壁:アレスアクアシリコンACⅡ仕上げ、屋根(シングル):ヤネフラット仕上げ

その他情報

image1 image2 image3
image4 image5

仮設工事が終わったら、ヘーベルハウスの塗替え時の肝、アルミサッシュ飾り枠とシャッターレールを取り外すところから工事スタートです。



他にもアルミ製の間仕切りも一時撤去したり



階段の手摺をはずして・・・・・



はずして塗装したり



バルコニーの庇のポリカを一時撤去したり



はずしたアルミサッシュ飾り枠とシャッターレール



はずした庇のポリカや面格子など

傷が付かないように一時倉庫に保管する為に引き上げました。

その状態で今回は工程の都合上、シーリングの打ち替えから行いました。


既存のシールを撤去



サッシュ廻りのシールも撤去



シーリング材を充填



庇の上場もきちんとシーリング処理



ヘーベルハウスは普通のALCの建物に比べ、シーリングの数はかなり多いです。



シーリング処理が終わった跡で塗装前のチェック、エアコンの冷媒管、保温のラッキングテープがぼろぼろ、止め金具も錆が著しく外れている箇所も・・・。



ヘーベルの板間以外のヶ所にひび割れが数箇所発見。



これらのひび割れはVカットしてシーリングを充填したり、細かいものはシーリング材の刷込み処理等を施してから塗装しないとすぐにひび割れが再発してしまいます。



樋の支持金物が外れている箇所



電話の引き込み器具の台座が木製の為、腐食が進んでいるので交換します。

せっかく足場を架けて塗装するので念入りにチェックして塗装以外のところも直せるところは対処します。



プレートを交換



再度、取り付け(見た目は判りませんが痒いところに手が届く工事を心がけています。)



冷媒管の保温、テープを巻きなおし、取り付け金具を錆びにくいステンレス製のものに交換。



もちろん、樋の支持金物も補修しました。



下地処理が終わってから高圧洗浄しました。



今回、屋上防水は施工範囲外でしたが、サービスで洗浄(放射能除染のつもり)



アスファルトシングル製の屋根には下塗りにアクアプライマーEPOを塗りました。



上塗りはヤネフラット黒仕上げです。



上塗りを2回塗って完了。



外壁にはアレスホールダーGⅡを下塗り



上塗りはアレスアクアシリコンACⅡ仕上げ



上塗りを2回塗ったら完了です。



塗り終わったら足場を解体する前に完了検査です。



完了検査



マスキング養生をはずしたら、ペイントの滲みなどを掃除します。



もちろん周辺の掃除も



今回シャッターを塗装したので・・・。



塗料が乾いてからシャッターを手で押してレールにくっ付いているところをはがしています。こうしないと軽量のシャッターの場合くっ付いて動かなくなることがあります。

足場を解体してから基礎の部分をランデックスコートで塗装しました。


下塗り:WSプライマー



上塗りを2回塗って完了。

しかし、半透明仕上げなので塗ってあるように見えません。



そこで、ホースで散水テスト。水を掛けても基礎の部分だけ濡れ色に変化しません。

今回の工事は旭化成ヘーベルハウスの外壁改修工事を意識し、弊社オリジナル仕様で施工しました。