M様邸 外壁コンクリート打放再生塗料

施工ビフォーアフター

画像クリックで拡大します。

建物全景

BEFORE

施工事例ビフォー

AFTER

施工事例アフター

コンクリート打放し

BEFORE

施工事例ビフォー

AFTER

施工事例アフター

ドア

BEFORE

施工事例ビフォー

AFTER

施工事例アフター

階段

BEFORE

施工事例ビフォー

AFTER

施工事例アフター

詳細情報

施工地域 世田谷区
使用塗料 ランデックスコート

その他情報

image1 image2 image3
image4 image5 image6


コンクリート打放し再生塗装

鬱陶しい梅雨に入って少し時間的に余裕が出来たので久しぶりに更新します。

さて、コンクリート打放しの場合、古くなってもリフォームしていない建物を多く見かけますが・・・、

コンクリート打放しの場合、コンクリート部分が直接風雨に晒されると、表層からコンクリートが中性化し、強度が徐々に低下します。

そして、クラックや爆裂といった劣化が進みます。

だけど、塗替えの場合、エナメルで塗りつぶしたり、吹付タイルなどでテクスチャーを変え、コンクリート打放し本来のデザインが失われてしまうのではと諦めている方も多いと思います。

今回、ご紹介する方法はコンクリート打放しの無機質感をそのままに新築時の様を再生する方法です。



経年に拠る汚染の状態



新築時に塗られているクリヤーが所々剥がれて来ています。



目地部分のコーキングの寿命は10年程度です。



先ずは洗浄



薬品を付けてゴシゴシ丁寧に汚れを落とします。



錆が流れた跡は最初の洗浄では落ちません。



専用の薬品を塗布



繊維たわしでゴシゴシ ・・・・・  綺麗に落ちました。



木製の玄関ドアは特に下の方の汚れが目立ちます。



木部は灰汁洗い



手製のフェルトパフでぼかしたり、



海綿スポンジを使ってコンクリート打放し調に描いていきます。



こんな感じになったらランデックスコートを上塗りして完了



もちろん、コーキングも打ち変えて・・・。



こんな感じだった外部階段も







亜鉛メッキ塗装 ローバルで見違えるように綺麗に成りました。



灰汁洗いでシミを落とした玄関ドアにキシラデコールで着色し、綺麗になった周りの壁とあいまって、エントランスが明るくなった様です。

建物の全景は写真の距離がとれず、全体を写すのが出来ませんでしたがこんな感じです。




建物全景です。