O様邸外壁塗装工事|12年振りのリピーター様で埼玉のお客様

施工ビフォーアフター

画像クリックで拡大します。

BEFORE

施工事例ビフォー

AFTER

施工事例アフター

12年前に塗替え工事を頂いたお客様。12年ぶりに再塗装させていただきました。
ほとんど前回と同じ色で仕上げたが白はより白く、茶系の壁は艶が良く発色も綺麗です。

詳細情報

施工地域 埼玉県岩槻市
施工内容 木製外壁塗装、1階屋根塗装、破風板、窓枠、戸袋等木部への塗装、その他鉄部塗装。 脚立や梯子を使った無足場施工。
スタッフから一言 12年振りのリピーター様で、「近所の人から塗装してから10年以上たってるように見えない、とよく言われる。」とおっしゃっていただいたので、今回はもっと長持ちするように丁寧な作業を心掛けました。
お客様の声 「すごく丁寧に塗装していただいた。又、10年後に塗替えの際は頼みたい。」とお言葉を頂きました。

その他情報

塗装してから12年も経っているとは思えないほどきれい。


戸袋枠の角などに若干の剥がれなどの劣化が見える。

塗装してから12年も経っているとは思えないほどきれい。


外壁下部には若干剥がれなどの劣化が見える。

外壁は塗装してから12年も経っているとは思えないほどきれい。


バルコニー床のスノコ木材は腐ってしまって使用不可、危険な状態。

木製の外壁や破風板は水分を吸ったり乾燥したり、膨張収縮を繰り返し、ペンキを塗っても、4・5年で剥がれてしまう印象が強い。12年前に弊社で始めて塗替えさせていただいた時も、外壁や破風の旧塗膜は50%位しか塗膜が残っておらず、大変な思いでケレンした記憶がある。実は15年位前に初めて木部塗装の下塗りに微弾性フィラーを使用しはじめた。その初期の物件がO様邸で、上塗にはアクアレタンを使用した。思った通り外壁などの塗装はかなり状態が良い。バルコニーのスノコはキシラデコールで仕上げたが定期的なメンテナンスを怠ってしまったようで腐食の進みが激しい

 

今回も木部の塗装仕様は下塗りにホールダーGⅡ、上塗にアクアシリコンACⅡで仕上げました。

軒天と矢切壁はアクアシリコンACⅡ3分艶の白、破風と鼻隠しも塗装し見違えるほどに。

戸袋を白くして白の面積を若干増やしました。

軒天のベニヤが劣化してフニャフニャだったところも補強して塗装したら見違えるほどの仕上がりに。

木製パーゴラも白くなってきれい。

勝手口のドアも塗装

面格子がたくさんあって塗ごたえ有り

 

木材を新しいものに取り換え、キシラデコールを塗装しました。

 

 

 

元がそれほど傷んでいなかったのと色がほとんど同じなので、その差が写真ではそれ程判らないですが、実際にはかなりきれいに仕上がりました。

施主様も大変喜んでくれました。